ご意見・お問合わせ 

   ホーム > 福祉サービス利用援助事業
福祉サービス利用援助事業(日常生活自立支援事業)

 実施主体
   佐賀県社会福祉協議会


 福祉サービス利用援助事業とは
   認知症や知的障がい・精神障がいなどで判断能力が不十分な方の権利を擁護することを目的として、地域の中で
  自立した生活が送れるよう福祉サービスの利用手続きや日常的な金銭管理、利用料の支払いなどを行うものです。


 利用できる方
   佐賀県内に居住している方
   (1)判断能力が不十分な方 ・・・ 認知症高齢者や知的障害者、精神障がい者など
   (2)日常生活に不安がある方・・ 福祉サービスの利用や金銭管理に不安がある方
   (3)本事業の契約内容について理解できる能力がある方


豆知識
 ○認知症の診断を受けていない方、療育手帳や精神障がい者保健福祉手帳をお持ちでない方も
 利用できます。
 ○病院に入院や社会福祉施設に入所している場合も利用できます。
 ○本人の判断能力が低下していて直接契約できない場合は、成年後見人等との契約によりサー
 ビスを受けられます。



 サービス内容

   福祉サービスの利用援助サービス
       福祉サービスの利用に関する情報提供、相談、助言
       福祉サービスの利用手続援助(申込手続同行・代行、契約締結)
        (但し、特別養護老人ホーム等への入所契約や治療・入院に関する契約は除く。)
       利用している福祉サービスに苦情・不満がある場合の苦情解決制度の利用手続支援
   日常的な金銭管理サービス
       年金及び福祉手当の受領に必要な手続き
       福祉サービス利用料金の支払い代行
       公共料金・家賃・医療費・日用品等の代金の支払い手続き代行
       生活費の使い方についての相談受付
       上記に必要な預貯金の出し入れ、解約などの手続き
       施設や病院が行う金銭管理に対する見守り
   書類等の預かりサービス
       定期預金の通帳や年金証書・印鑑など書類等の保管
       銀行の貸金庫を利用しての保管(実費利用料が必要)
   契約についての注意点 ・・・ 書類等の預かりサービスのみの契約はできない。


豆知識
 ○保管できるもの(書類等)
  年金証書、預貯金通帳、証書(保険証書、不動産権利証書、契約書など)、実印、銀行印
  その他実施主体が認めた書類(カードを含む)
 ○保管できないもの・・・現金、宝石、書画、骨董品、貴金属類など
  



 利用料金
  (1)相談の受付から契約締結までの情報提供や助言、支援計画の作成 ⇒ 無料
   (2)契約締結後、提供するサービスに伴う利用料

     ○1時間未満 ・・・・・・・・ 1,200円
     ○1時間30分未満 ・・・ 1,800円
     ○以降30分ごとに ・・・ 600円加算
   (3)生活保護世帯は公費助成 ⇒ 免除(無料)


 個人情報の保護
   ご相談の際は、ご本人の身体状態や家庭の状況などなるべく詳しくお聞かせください。
   お聞きした内容は、支援の必要性を判断する以外には使用することはありません。


 印刷用ファイル
   福祉サービス利用援助事業   (PDF 384KB)


 
事業パンフレット

   ※パンフレットについては、こちらをクリックしてください。    (PDF 677KB)  


 実施主体のホームページ
   ※日常生活自立支援事業の詳細は、こちらのホームページをご覧ください。
    佐賀県社会福祉協議会  
     
http://www.sagaken-shakyo.or.jp/ 



お問合せ先・相談窓口

※詳細については、下記までお問合せください。
担当部署 福祉課